男前な角帯の位置は・・・?

昨日、お見えになった女性のお客様、「ちょっとお伺いしたいことが・・・」。
ワタシ「何でしょう?」
じつは・・と話し始めた内容は男の袴の位置(高さ)についてでした。

「普通、男の人が袴を履くときには袴の位置はどのくらいになりますか?」

・・・と、お聞きになるので、「着物を着て角帯を締めて、その角帯の上の部分がほんの少し見えるくらいの位置になるように袴をつけます。」とお答えしました。

すると、「その角帯はどのあたりの位置に締めるんですか?」
とおっしゃるので、「ちょうどこの辺、腰骨のあたりですね。」というと、「そうですよね~」と言ってバッグから写真を取り出しました。その写真は若い男性が黒紋付き羽織袴を着ている写真でした。
聞くと息子さんがご結婚お決まりになったそうで、式場に衣裳合わせに行ったとのことですが、そのときの写真だということでした。

「この袴の位置じゃなんだか見た目にかっこよくないですよね?」というので見てみると確かに何となくしまりがない感じです。袴の位置がほとんどおへその位置あたりにあるイメージです。つまり角帯をなんとウエストで締めているということです。

浴衣姿の男の人でたまにウエストで角帯締めている人を見かけますが、それは着物初心者で良くわかってないんだなと、それでも浴衣が着たいと思って着てくれているんだなと、呉服屋のワタシとしては有り難くもほほえましい気分で見ることがありますが、式場の着付けの方は何と言ってもプロなんですからその辺もう少しなんとか・・・ねぇ、と思ってしまいました。

これをご覧の方でこれから着物を着てみるかとお思いの男性のみなさん、「角帯は腰骨のあたり」が基本です。(もちろん基本を押さえた上でお好みで多少の上下は可ですヨ)

腰骨の位置で帯を締めていればいくら飲み食いしても苦しいことはありませんし、着崩れもしにくいです。着物を着て食事すると苦しい・・・とお思いの方はちょっと角帯の位置、要チェックです。

b0171255_19215247.jpg

”蜘蛛の巣”柄の角帯
[PR]
↓応援ポチリ、ありがとう。

着物・和装ランキング

↓当店サイトはこちら。



by kmn-1 | 2010-12-04 15:11 | 着こなしチェック

<< ネコ派の着物屋です 「キモノ DE クリスマス@ス... >>